1 | 2 | 3 | 4

20分ではじめるRuby

いちいち入力せずに、何度も“Hello”と言いたい時にはどうすればいいでしょうか? メソッドを定義しましょう!

irb(main):010:0> def hi
irb(main):011:1> puts "Hello World!"
irb(main):012:1> end
=> :hi

def hiというコードがメソッド定義のはじまりになります。 これは、hiという名前のメソッドを定義しようとしていることをRubyに伝えるものです。 次の行はメソッドの本体になります。この行は、すでに見た行、puts "Hello World"と 同じものです。 そして、最後の行の end は、Rubyにメソッド定義が終わったことをRubyに伝えます。 Rubyのレスポンス => :hi は、メソッド定義の終了を理解したことを表しています。 なお、Ruby 2.0やそれ以前のバージョンのRubyでは、このレスポンスは => nil になります。が、その違いはここでは特に重要なことではないので、先に進みます。

簡潔で繰り返せるメソッド

それではこのメソッドを何度か実行してみましょう。

irb(main):013:0> hi
Hello World!
=> nil
irb(main):014:0> hi()
Hello World!
=> nil

簡単ですね。Rubyでのメソッド呼び出しはその名前をRubyに伝えるのと同じくらい簡単です。 引数がなければ、名前以外は不要です。 メソッドが引数を持たない場合、メソッド名の後ろに空のカッコをつけることができますが、 省略しても構いません。

全世界ではなく、特定の人にhelloと言いたい場合はどうすればいいでしょうか? 名前を引数としてとるようにhiを再定義すればいいのです。

irb(main):015:0> def hi(name)
irb(main):016:1> puts "Hello #{name}!"
irb(main):017:1> end
=> :hi
irb(main):018:0> hi("Matz")
Hello Matz!
=> nil

ちゃんと動いているようです。しかし、ここで何が起きているのか、ちょっと詳しく見てみましょう。

Stringに穴を開ける

#{name}とは一体何なのでしょうか。これは、文字列に何かを挿入する際の Rubyでのやり方なのです。 ブレースの間にあるものは(もし文字列でなければ)文字列に変換され、 その外側の文字列の中に置き換えられます。 このしくみは、誰かの名前を正しくcapitalizedするのにも使えます。

irb(main):019:0> def hi(name = "World")
irb(main):020:1> puts "Hello #{name.capitalize}!"
irb(main):021:1> end
=> :hi
irb(main):022:0> hi "chris"
Hello Chris!
=> nil
irb(main):023:0> hi
Hello World!
=> nil

ここでは他にもいろいろなトリックが使われています。 一つはカッコなしでメソッド呼び出しが使われていることです。 何をやっているか明確であれば、カッコは省略できます。 それ以外のトリックは、デフォルト引数のWorldです。 これは、「もしnameが与えられなければ、nameのデフォルト値である"World"を 使う」という定義になります。

挨拶人(Greeter)への進化

もし本物の挨拶人がいたのなら、あなたの名前を覚えてくれる上、 歓迎し、いつでも丁重に扱ってくれるでしょう。 そのためにオブジェクトを使いたくなりそうです。 “Greeter”クラスを作ってみましょう。

irb(main):024:0> class Greeter
irb(main):025:1>   def initialize(name = "World")
irb(main):026:2>     @name = name
irb(main):027:2>   end
irb(main):028:1>   def say_hi
irb(main):029:2>     puts "Hi #{@name}!"
irb(main):030:2>   end
irb(main):031:1>   def say_bye
irb(main):032:2>     puts "Bye #{@name}, come back soon."
irb(main):033:2>   end
irb(main):034:1> end
=> :say_bye

新しいキーワードはclassです。これはGreeterという新しいクラスと、 そのクラスのメソッドをいくつか定義しています。また、@nameにも 気づいたかもしれません。これはインスタンス変数で、このクラスにある 全てのメソッドで使うことができます。見ての通り、 say_hisay_byeで使われています。

さて、どうすればこのGreeterクラスを動かせるでしょうか? オブジェクトを作りましょう。