Ruby 2.6.0-rc1 Released

Ruby 2.6.0に向けた最初のリリース候補である、Ruby 2.6.0-rc1がリリースされました。

Ruby 2.6.0-rc1は、リリース前に出されるRelease Candidateに向けて最新の機能を試せるようにするためリリースされています。

JIT

Ruby 2.6ではJIT (Just-in-time) コンパイラが導入されました。

JITコンパイラはあらゆるRubyプログラムの実行を高速化することを目的としています。 他言語の一般的なJITコンパイラと異なり、RubyのJITコンパイラはC言語のソースコードをファイルとしてディスクに書き、通常のCコンパイラを用いてネイティブコードに変換することでJITコンパイルを行うという手法を用いています。(参考: MJIT organization by Vladimir Makarov)

JITコンパイルを有効にするには --jit オプションをコマンドラインまたは$RUBYOPT環境変数を指定します。--jit-verbose=1を指定すれば指定すれば実行中のJITコンパイルの基本的な情報を表示します。その他のオプションについては ruby --help を参照ください。

今回のリリースはこのJITコンパイル機能を皆さんの環境で動作を確認して頂くとともに、セキュリティ上の問題が無いかを早期に確認するために行っています。 現在のJITコンパイラを利用するためには、GCC、Clang、あるいはMicrosoft VC++によってビルドされたRubyでかつ、そのコンパイラが実行時に利用可能である必要があります。

Ruby 2.6.0-rc1の時点で、OptcarrotというCPU負荷中心のベンチマークにおいてRuby 2.5の約1.7倍の性能向上を達成しました。 https://gist.github.com/k0kubun/d7f54d96f8e501bbbc78b927640f4208 Railsアプリケーションなどのメモリ負荷の高い環境における性能は現在改善中です。

引き続き新時代のRubyの実効性能にご期待ください。

RubyVM::AbstractSyntaxTree [Experimental]

Ruby 2.6では RubyVM::AbstractSyntaxTree モジュールが導入されました。

このモジュールには、文字列をパースしてAST(抽象構文木)のNodeを返すparseメソッド、ファイルをパースするparse_fileメソッドが実装されています。 RubyVM::AbstractSyntaxTree::Node も導入されました。このクラスのインスタンスから位置情報や子ノードを取得することができます。この機能はexperimentalです。また、ASTの構造に関する互換性は保証されていません。

新機能

  • Kernel#yield_self の別名として then が追加されました [Feature #14594]

  • rescue 無しの else が文法エラーとなるようになりました [EXPERIMENTAL]

  • ASCII以外の大文字でも定数を定義出来るようになりました [Feature #13770]

  • 終端なしRange [Feature #12912]

    終端なしRange (1..) が導入されました。これは終端を持ちません。これが典型的な用途です:

    ary[1..]                          # マジックナンバー -1 なしで ary[1..-1] と同じ意味
    (1..).each {|index| ... }         # index が 1 から始まる無限ループ
    ary.zip(1..) {|elem, index| ... } # ary.each.with_index(1) { ... }
    
  • Binding#source_location の追加 [Feature #14230]
    • bindingのソースコード上の位置を __FILE____LINE__ の二要素配列として返します。従来でも eval("[__FILE__, __LINE__]", binding) とすることでこれらの情報は得られましたが、将来的に Kernel#eval はbindingのソースコード行を無視する変更を予定しているため [Bug #4352]、この新しいメソッドを用いることが今後は推奨されます。
  • Kernel#system の失敗時に、falseを返す代わりに例外を上げさせる :exception オプションを追加 [Feature #14386]

  • Coverage の oneshot_lines モードの追加 [Feature#15022]
    • This mode checks “whether each line was executed at least once or not”, instead of “how many times each line was executed”. A hook for each line is fired at most once, and after it is fired the hook flag is removed, i.e., it runs with zero overhead.
    • Add :oneshot_lines keyword argument to Coverage.start.
    • Add :stop and :clear keyword arguments to Coverage.result. If clear is true, it clears the counters to zero. If stop is true, it disables coverage measurement.
    • Coverage.line_stub, which is a simple helper function that creates the “stub” of line coverage from a given source code.
  • FileUtils#cp_lr. [Feature #4189]

パフォーマンスの改善

  • 後述の$SAFEの変更に伴って考慮すべきことが減ったため、Proc#callが高速化されました [Feature #14318] Proc#call を大量に呼び出す lc_fizzbuzz ベンチマークにおいては、1.4倍高速化されています [Bug #10212]
  • block がブロックパラメータである時、block.callが高速化されました [Feature #14330] Ruby 2.5ではブロック渡しの性能が改善されましたが [Feature #14045]、加えてRuby 2.6では渡されたブロックの呼び出しも改善されました。 マイクロベンチマークにおいては2.6倍高速化されています。
  • Transient Heap (theap) is introduced. [Bug #14858] [Feature #14989] theap is managed heap for short-living memory objects which are pointed by specific classes (Array, Hash, Object, and Struct). For example, making small and short-living Hash object is x2 faster. With rdoc benchmark, we observed 6-7% performance improvement.

その他の注目すべき 2.5 からの変更点

  • $SAFE はプロセスグローバルで扱われることになると共に、0以外を設定した後に0に戻せるようになりました [Feature #14250]
  • ERB.newsafe_levelを渡すのは非推奨になりました。また、trim_modeeoutvarはキーワード引数に変更されました。 [Feature #14256]
  • サポートする Unicode のバージョンを 11 に更新しました。Ruby 2.6 では今後の TEENY リリースで、12 そして 12.1 への更新が予定されています。
  • RubyGems 3.0.0.beta3 をマージしました。 --ri--rdoc オプションは使えなくなりました。--document または --no-document を利用してください。
  • Bundler を Default gems として標準添付しました。

その他詳細については、NEWS ファイルまたはコミットログを参照してください。

なお、こうした変更により、Ruby 2.5.0 以降では 6376 個のファイルに変更が加えられ、227364 行の追加と 51599 行の削除が行われました !

みなさんもRuby 2.6.0-rc1で楽しいプログラミングを!

Download

  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.0-rc1.tar.gz

    SIZE:   16823448 bytes
    SHA1:   889db7731fd43f6dbf7f31ffdb0a29bba1a8d356
    SHA256: 6d6183639ed9c02320d7132e97c65489a39e24d8b55fc4ed35ac53d1189cb61d
    SHA512: ad101adee5c43f3645561e73970f15d4e9141f707da69a92e224575c665949e18ca53389e5315fca2ea393 4d77967a59e304353cde4a915537e7c4e4ee20be73
    
  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.0-rc1.zip

    SIZE:   20737499 bytes
    SHA1:   457e39aee1978da5e42af42a6ad230421544aa07
    SHA256: 2bcdf468de499e4d6983d60d63dcc883f4c54fdc05a08a54eb93d315477bc4cc
    SHA512: 0842fae8a199f6c1e76f5d775edbf468e18a54f0419324eb73595e0268c728c71733371d71dc2fa342105dbc487987ca5556948a9ef067276a7b5f552462802a
    
  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.0-rc1.tar.bz2

    SIZE:   14607078 bytes
    SHA1:   269fe9d414d7731e4a63959fadffe5c50c08ce0e
    SHA256: b4e9c0e8801946e9f0baba30948955f4341e9e04f363c206b7bd774208053eb5
    SHA512: cbd6281b2aab6fbce3f699c1ab57e5423304dca7a547a0b3cd4e8e980326dc7b85b2ca2bfaf3f3a648d40f4222fdf1740d81d422790ee7ae1ba1ed33eb11e3e8
    
  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.0-rc1.tar.xz

    SIZE:   11851908 bytes
    SHA1:   3b93fdf1c5bd969ab4fe0a8176a6cf64e4597e6e
    SHA256: 21d9d54c20e45ccacecf8bea4dfccd05edc52479c776381ae98ef6a7b4afa739
    SHA512: 3d93d8d80e4900e8b3a27f904ed60581cebc6c55f4ab7acafc81e95001f92f3ea4ddec2da6169b1ed5e0146f7b7c35c1c13b3243955d5825c72170834fe933f3