2013年のアーカイブ

Ruby 2.1.0 リリース

Ruby 2.1.0 をリリースしました。

もっと読む...

Rubyist Magazine 0045号 発行

日本Rubyの会有志による、ウェブ雑誌Rubyist Magazine0045号がリリースされました([ruby-list:49732])。 お楽しみください。

もっと読む...

Ruby 2.1.0 以降のセマンティックバージョニングについて

Ruby 2.1.0 以降、Semantic Versioning (日本語訳) に沿ったバージョニングに移行することを決定しました。

もっと読む...

Ruby 2.1.0-rc1 リリース

Ruby 2.1.0-rc1 をリリースしました。 2013/12/25 に予定されている最終リリース前に新機能をどうぞお試しください。

もっと読む...

Ruby 1.8.7 と 1.9.2 のセキュリティメンテナンスが延長されます

2014年6月まで 1.8.7 と 1.9.2 に対するセキュリティパッチのサポートが行なわれることになりました。

もっと読む...

RubyConf India 2014 の発表募集とチケット発売の開始!

RubyConf India 2014 がインドのゴアで 2014 年 3 月 22 日から 23 日に開催されます!

もっと読む...

RubyConf Taiwan 2014 の発表者募集が始まりました

RubyConf Taiwan 2014 が 2014 年 4 月 25 日から 26 日に台湾の台北で開催されます!

もっと読む...

ruby-lang.org のロシア語バージョン

ruby-lang.org のロシア語バージョン をリリースしました。

もっと読む...

Ruby 2.1.0-preview2 リリース

Ruby 2.1.0-preview2 をリリースしました。 最終リリースの前に Ruby 2.1 の新機能をお試しください。

もっと読む...

浮動小数点数パースにおけるヒープオーバーフロー (CVE-2013-4164)

Ruby において、浮動小数点数のパース時にヒープオーバーフローが発生しうるという問題が報告されました。 この脆弱性は CVE-2013-4164 として CVE に登録されています。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p484 リリース

Ruby 1.9.3-p484 がリリースされました。

もっと読む...

Ruby 2.0.0-p353 リリース

Ruby 2.0.0-p353 がリリースされました。

もっと読む...

第6回フクオカRuby大賞(2014) 応募のお知らせ

福岡県は、今年もRubyを活用する県内ソフトウェア企業のビジネス促進や、世界に向けた福岡の拠点性の発信、世界へのRuby普及促進を目的として、Rubyによる優れた取組を表彰するフクオカRuby大賞を実施します。

もっと読む...

RubyConf Australia 2014 発表募集/チケット販売開始のお知らせ

RubyConf Australia 2014 が来年2月19-21日の期間、シドニーで開催されます!RubyConf AUは今回が2度目のオーストラリア版Rubyカンファレンスです。

もっと読む...

Rubyist Magazine 0044号 発行

日本Rubyの会有志による、ウェブ雑誌Rubyist Magazine0044号がリリースされました([ruby-list:49619])。 お楽しみください。

もっと読む...

www.ruby-lang.org のサイトデザイン募集

Ruby アソシエーションは ruby-lang.org の新デザインのためのデザインコンテストを開催します。

もっと読む...

Ruby 2.1.0-preview1 リリース

Ruby 2.1.0-preview1 をリリースしました。 最終リリースの前に Ruby 2.1 の新機能をお試しください。

もっと読む...

Fastly によるパッケージ配布を開始しました

ruby-lang.org では、公式パッケージの配布元として https://cache.ruby-lang.org を新たに提供開始します。cache.ruby-lang.org は CDN を利用して、世界中の何処でも高速に Ruby のソースコードを配信することが出来ます。

もっと読む...

ruby-lang.orgのベトナム語翻訳

ruby-lang.org のベトナム語翻訳をリリースしました。

もっと読む...

raa.ruby-lang.org 終了のご報告

Rubyアプリケーションアーカイブこと raa.ruby-lang.org は、先日の carbon の障害の影響で停止していましたが、ruby-lang.org のサーバー、および人的リソースの不足から復旧不可能な状態と判断しました。閲覧したい方は Internet Archive をご参照ください。

もっと読む...

ruby-lang.org のサーバーの障害報告

ruby-lang.org を稼働させているサーバーに障害が発生したため、ruby-lang.org が提供しているサービスのいくつかが停止しています。影響範囲は以下の通りです。

もっと読む...

Ruby 1.8.7 は引退しました

まとめ:予定された通り、ruby 1.8.7 は終わりました。

もっと読む...

Ruby 2.0.0-p247 リリース

Ruby 2.0.0-p247 をリリースします。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p448 リリース

Ruby 1.9.3-p448 がリリースされました。

もっと読む...

Ruby 1.8.7-p374 リリース

Ruby 1.8.7-p374 がリリースされました。

もっと読む...

OpenSSL クライアントにおけるホスト名検証バイパス脆弱性 (CVE-2013-4073)

Ruby の SSL クライアントに信頼された証明書を用いて認証されたサーバーになりすまして 中間者攻撃を可能とする脆弱性が報告されました。

もっと読む...

新しい ruby-lang.org がリリースされました!

Rubyコミュニティを代表して発表させていただきます、 新しい ruby-lang.org がリリースされました!

もっと読む...

Rubyist Magazine 0042号 発行

日本Rubyの会有志による、ウェブ雑誌Rubyist Magazine0042号がリリースされました([ruby-list:49434])。 お楽しみください。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p429 リリース

Ruby 1.9.3-p429 がリリースされました。 数時間前に p426 をリリースしていますが、幾つかのプラットフォームでビルド上の問題がありました。 お手数ですが、代わりにこの p429 をご利用ください。

もっと読む...

Ruby 2.0.0-p195 リリース

Ruby 2.0.0-p195 をリリースします。 これは 2.0.0 の最初のパッチレベルリリースです。

もっと読む...

DL および Fiddle におけるオブジェクト汚染フラグバイパス (CVE-2013-2065)

DL および Fiddle に、$SAFE レベルの設定に関わらず、汚染された文字列をシステム呼び出しに使用できる脆弱性が報告されました。 この脆弱性は CVE-2013-2065 として CVE に登録されています。

もっと読む...

Ruby 2.0.0-p0 リリース

Ruby 2.0.0-p0 がリリースされました。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p392 リリース

Ruby 1.9.3-p392 がリリースされました。 頻繁なリリースでユーザーの皆さんにはご迷惑をおかけしております。 申し訳ありません。

もっと読む...

REXML におけるエンティティ展開に伴うサービス不能攻撃について (CVE-2013-1821)

REXML において、厳格でないエンティティ展開により、サービス不能攻撃が可能となる脆弱性が報告されました。 この脆弱性は CVE-2013-1821 として CVE に登録されています。 ユーザーの皆さんには ruby を更新することを強くお勧めします。

もっと読む...

JSON におけるサービス不能攻撃および安全でないオブジェクトの生成について (CVE-2013-0269)

ruby にバンドルされている JSON に関して、サービス不能攻撃 (DoS) および安全でないオブジェクトの生成を可能とする脆弱性が報告されました。 この脆弱性は CVE-2013-0269 として CVE に登録されています。 ユーザーの皆さんには ruby を更新することを強くお勧めします。

もっと読む...

Ruby 2.0.0-rc2 リリース

Ruby 2.0.0-rc2 がリリースされました。Ruby 2.0.0 の最後の Release Candidate 版の予定です。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p385 リリース

今月だけは出したくなかったのですが、やんごとなき事情により、 Ruby 1.9.3-p385 がリリースされました。

もっと読む...

RDoc で生成した HTML ドキュメントにおける XSS 脆弱性 (CVE-2013-0256)

ruby にバンドルされている RDoc が生成する HTML ドキュメントにおいて、クロスサイトスクリプティング攻撃を行うことができる脆弱性 (XSS 脆弱性) が報告されました。 全ての ruby ユーザーは、この問題に対するセキュリティフィックスが含まれた RDoc をバンドルするバージョンに更新することが推奨されます。 また、現在、RDoc が生成した HTML ドキュメントを公開している場合は、以下に示すパッチを適用するか、またはセキュリティフィックスを含む RDoc を利用して HTML ドキュメントを再生成する必要があります。

もっと読む...

Ruby 1.9.3-p374 リリース

このところ毎月で恐縮ですが、Ruby 1.9.3-p374 がリリースされました。

もっと読む...