1 | 2 | 3 | 4

20分ではじめるRuby

はじめに

これは20分程度で一通り読み通せる、簡単なRubyチュートリアルです。 Rubyはあらかじめインストールされていることとします (もしお使いのマシンにRubyが入っていない場合、始める前に インストールしておいてください)。

インタラクティブRuby

Rubyの処理系には、入力したRubyの文を実行して結果を出力するプログラムが付属しています。 このように対話的なセッションでRubyのコードを試してみるのは、新しい言語を学ぶのに最適です。

IRBを立ち上げましょう(IRBはInteractive Rubyの略です)。

  • Mac OS X をお使いの場合、Terminalを立ち上げてirbと入力し、enterキーを押して下さい。
  • Linux をお使いの場合、shellを立ち上げてirbと入力し、enterキーを押して下さい。
  • Windows をお使いの場合、スタートメニューのRubyからInteractive Rubyを起動してください。
irb(main):001:0>

実行するとこのようになります。この次はどうしましょうか?

"Hello World" と入力してください。

irb(main):001:0> "Hello World"
=> "Hello World"

Rubyはあなたの言うとおりにします!

何が起こったのでしょうか。世界一短い “Hello World” プログラムを書いたのでしょうか? ちょっと違います。2行目はIRBが最後の式を実行した結果を教えてくれているのです。 “Hello World”と出力したいのであれば、もう少し書き加えます:

irb(main):002:0> puts "Hello World"
Hello World
=> nil

putsはRubyで何かを出力する基本的なコマンドです。 では、=> nilは何でしょうか? これはこのコマンドの評価結果です。 putsは必ずnilを返します。nilは、「まったく何もない」ことを表すRubyの「値」です。

好きなだけ使える計算機をどうぞ

ここまで来れば、IRBを簡単な計算機として使いこなせるはずです。

irb(main):003:0> 3+2
=> 5

3足す2。簡単ですね。3 かける 2はどうでしょうか? 短いのでそのまま入力し直してもよいですが、先ほど入力したところに戻って 変更することもできます。その場合、キーボードの 上向き矢印(↑) キーを押して、 その行に 3+2 と表示されているのを確認します。確認できたら、 左向き矢印(←)キーを使って、 + の直後まで動かし、 バックスペースキーを使って * 記号に変更します。

irb(main):004:0> 3*2
=> 6

続いて、3を2乗してみましょう。

irb(main):005:0> 3**2
=> 9

Rubyでは、 ** はべき乗するときに使います。 では、平方根(square root)を求めるにはどうすればいいでしょうか?

irb(main):006:0> Math.sqrt(9)
=> 3.0

これは一体何なんでしょうか? 「9の平方根を計算しているのでは」と 思った方は、それで正解です。しかし、もうちょっと詳しく見てみましょう。 まず、 Math は一体なんでしょうか?

関連コードをグループ化するモジュール

Math は数学のためのビルトインモジュール(標準で組み込まれているモジュール)です。 Rubyでは、モジュールには2通りの役割があります。これはその1つ目の役割、 関連するメソッドを馴染みのある名前でグループ化するものです。 Mathsin()tan() といったメソッドも持っています。

その次はドット(.)です。このドットは何でしょうか? これは、レシーバの「メッセージ」を指定するためのものです。 では「メッセージ」とは何でしょうか? この例では、sqrt(9)がメッセージになります。 これは「平方根(square root)」の省略形、 sqrtというメソッドにパラメータとして9を与えて呼び出しています。 このメソッド呼び出しの実行結果は3.0という値になります。 3 ではないことに気づいたかもしれません。 平方根はたいてい整数にならないためです。 そのため、このメソッドは必ず小数(浮動小数点数)を返します。

この計算結果を覚えさせるにはどうすればいいでしょうか? 実行結果を変数に代入しましょう。

irb(main):007:0> a = 3 ** 2
=> 9
irb(main):008:0> b = 4 ** 2
=> 16
irb(main):009:0> Math.sqrt(a+b)
=> 5.0

たいへん素晴らしい計算機を紹介してきましたが、素晴らしすぎてチュートリアルの冒頭で触れた 伝統的な Hello World メッセージからはだいぶ脱線してしまいました……。 そろそろ本題に戻りましょう。