Ruby 3.3.0-rc1 リリース

Ruby 3.3.0-rc1 が公開されました。Ruby 3.3ではPrismという新しいパーサーの追加、新しいパーサージェネレーターであるLramaによるBisonの置き換え、RJITという新たなJITの仕組みを追加、YJITの高速化など様々な改善が行われています。

このRC1リリース以降はABIの変更を極力行いません。何らかの理由でABIを変更した場合はリリース時にお知らせします。

Prism

  • Introduced the Prism parser as a default gem
    • Prism is a portable, error tolerant, and maintainable recursive descent parser for the Ruby language
  • Prism is production ready and actively maintained, you can use it in place of Ripper
    • There is extensive documentation on how to use Prism
    • Prism is both a C library that will be used internally by CRuby and a Ruby gem that can be used by any tooling which needs to parse Ruby code
    • Notable methods in the Prism API are:
      • Prism.parse(source) which returns the AST as part of a ParseResult
      • Prism.dump(source) which returns the serialized AST as a String
      • Prism.parse_comments(source) which returns the comments
  • You can make pull requests or issues directly on the Prism repository if you are interested in contributing

Use Lrama instead of Bison

RJIT

  • Introduced a pure-Ruby JIT compiler RJIT and replaced MJIT.
    • RJIT supports only x86_64 architecture on Unix platforms.
    • Unlike MJIT, it doesn’t require a C compiler at runtime.
  • RJIT exists only for experimental purposes.
    • You should keep using YJIT in production.
  • If you are interested in developing JIT for Ruby, please check out k0kubun’s presentation on Day 3 of RubyKaigi.

YJIT

  • Major performance improvements over 3.2
    • Support for splat and rest arguments has been improved.
    • Registers are allocated for stack operations of the virtual machine.
    • More calls with optional arguments are compiled.
    • Exception handlers are also compiled.
    • Instance variables no longer exit to the interpreter with megamorphic object shapes.
    • Unsupported call types no longer exit to the interpreter.
    • Integer#!=, String#!=, Kernel#block_given?, Kernel#is_a?, Kernel#instance_of?, Module#=== are specially optimized.
    • Now more than 3x faster than the interpreter on optcarrot!
  • Significantly improved memory usage over 3.2
    • Metadata for compiled code uses a lot less memory.
    • Generate more compact code on ARM64
  • Compilation speed is now slightly faster than 3.2.
  • Add RubyVM::YJIT.enable that can enable YJIT later
    • You can start YJIT without modifying command-line arguments or environment variables.
    • This can also be used to enable YJIT only once your application is done booting. --yjit-disable can be used if you want to use other YJIT options while disabling YJIT at boot.
  • Option to disable code GC and treat --yjit-exec-mem-size as a hard limit
    • Can produce better copy-on-write behavior on servers using unicorn and forking
  • ratio_in_yjit stat produced by --yjit-stats is now avaiable in release builds, a special stats or dev build is no longer required to access most stats.
  • Exit tracing option now supports sampling
    • --trace-exits-sample-rate=N
  • --yjit-perf is added to facilitate profiling with Linux perf.
  • More thorough testing and multiple bug fixes

M:N スレッドスケジューラ

  • M:N スレッドスケジューラが導入されました。[Feature #19842]
    • M個のRuby スレッドを、N個のネイティブスレッド(OSスレッド)で管理するので、生成管理のコストを抑えることができるようになりました。
    • C拡張ライブラリの互換性に問題が生じる可能性があるため、メインRactorでのM:Nスレッドスケジューラはデフォルトでは無効にされています。
      • RUBY_MN_THREADS=1 と環境変数を設定することで、メインRactorでM:Nスレッドスケジューラを有効にします。
      • メインRactor以外ではM:Nスレッドスケジューラが有効です。
    • RUBY_MAX_CPU=n と環境変数を設定することで、Nの最大数(利用するネイティブスレッドの最大数)を設定できます。デフォルトは8です。
      • 一つの Ractor ではたかだか1つのスレッドしか同時に実行されないので、実際に利用するネイティブスレッド数は、RUBY_MAX_CPUで指定した数か実行中のRactorの数の少ないほうになります。つまり、Ractorの数が1つのアプリケーション(多くのアプリケーション)では1つのネイティブスレッドだけ利用されます。
      • ブロックする処理をサポートするため、N個以上のネイティブスレッドが利用されることがあります。

その他の主要な新機能

言語機能

パフォーマンスの改善

  • Socket.getaddrinfo などの名前解決を中断できるようになりました (pthread が利用できる環境で)。Feature 19965
    • このために、getaddrinfo や getnameinfo を呼び出すたびに pthread が生成されるようになりました。名前解決に若干のオーバーヘッドが発生します(実験では約2.5倍)。ほとんどのアプリケーションで名前解決のオーバーヘッドが問題になるとは考えていませんが、もしそのような現象が見られたり、この変更が原因と思われる予期せぬ影響が見られた場合は、ぜひ報告してください。
  • 環境変数 RUBY_GC_HEAP_REMEMBERED_WB_UNPROTECTED_OBJECTS_LIMIT_RATIO が追加されました。Feature #19571
  • GCで古いオブジェクトの子オブジェクトがすぐにプロモートされなくなりました。Feature #19678
  • GCに弱参照が追加されました。Feature #19783

その他の注目すべき 3.2 からの変更点

IRB

IRBは様々な機能強化を行いました。主なものは以下の通りです。

  • IRBとrdbgの連携 pry-byebugのような使い心地でデバッグできるようになりました。(使い方)
  • lsコマンドやshow_cmdsの出力がPagerで表示されるようになりました。
  • lsコマンドやshow_sourceコマンドがより便利で詳細な情報を出力するようになりました。
  • 型情報を使った補完が実験的に実装されました。(有効化するには)
  • Reline::Faceクラスの導入により、補完ダイアログの色や文字装飾を変更できるようになりました。(使い方

また、機能強化以外にも、数多くのバグ修正および将来的な機能拡張を見越した大規模なリファクタリングを行ないました。

互換性に関する変更

  • ブロック内での引数なし it の呼び出しは非推奨になりました。 Ruby 3.4から最初のブロック引数を参照するようになります。 Feature #18980

定数の削除

以下の非推奨定数は削除されました

メソッドの削除

以下の非推奨のメソッドは削除されました

環境変数の削除

以下の非推奨の環境変数は削除されました

  • 環境変数 RUBY_GC_HEAP_INIT_SLOTS は非推奨になり、何もしなくなりました。環境変数 RUBY_GC_HEAP_{0,1,2,3,4}_INIT_SLOTS を使ってください。Feature #19785

標準添付ライブラリの互換性に関する変更

ext/readline の削除

  • 今後は Ruby で書かれた GNU Readline の互換ライブラリである reline をすべての環境で標準で利用し、ext/readline は削除されました。以前の ext/readline が必要なユーザーは gem install readline-ext でインストールすることができます。
  • この変更により、Ruby のインストール時に libreadlinelibedit などのライブラリのインストールは不要となります。

C API の変更

C API の更新

以下の API が更新されました

C API の削除

以下の非推奨の API は削除されました

標準添付ライブラリのアップデート

RubyGems と Bundler は将来リリースされる Ruby で bundled gems となる予定の gem が require された際に警告を行う機能が追加されました。

以下のライブラリが対象となります。

  • abbrev
  • base64
  • bigdecimal
  • csv
  • drb
  • getoptlong
  • mutex_m
  • nkf
  • observer
  • racc
  • resolv-replace
  • rinda
  • syslog

以下の default gem が追加されました。

  • prism 0.15.1

以下の default gems のバージョンがアップデートされました。

  • RubyGems 3.5.0.dev
  • base64 0.2.0
  • benchmark 0.3.0
  • bigdecimal 3.1.5
  • bundler 2.5.0.dev
  • cgi 0.4.0
  • csv 3.2.8
  • date 3.3.4
  • delegate 0.3.1
  • drb 2.2.0
  • english 0.8.0
  • erb 4.0.3
  • etc 1.4.3.dev.1
  • fcntl 1.1.0
  • fiddle 1.1.2
  • fileutils 1.7.2
  • find 0.2.0
  • getoptlong 0.2.1
  • io-console 0.6.1.dev
  • irb 1.8.3
  • logger 1.6.0
  • mutex_m 0.2.0
  • net-http 0.4.0
  • net-protocol 0.2.2
  • nkf 0.1.3
  • observer 0.1.2
  • open-uri 0.4.0
  • open3 0.2.0
  • openssl 3.2.0
  • optparse 0.4.0
  • ostruct 0.6.0
  • pathname 0.3.0
  • pp 0.5.0
  • prettyprint 0.2.0
  • pstore 0.1.3
  • psych 5.1.1.1
  • rdoc 6.6.0
  • reline 0.3.9
  • rinda 0.2.0
  • securerandom 0.3.0
  • shellwords 0.2.0
  • singleton 0.2.0
  • stringio 3.0.9
  • strscan 3.0.7
  • syntax_suggest 1.1.0
  • tempfile 0.2.0
  • time 0.3.0
  • timeout 0.4.1
  • tmpdir 0.2.0
  • tsort 0.2.0
  • un 0.3.0
  • uri 0.13.0
  • weakref 0.1.3
  • win32ole 1.8.10
  • yaml 0.3.0
  • zlib 3.1.0

新たに以下の gem が default gems から bundled gems に変更されました。

  • racc 1.7.3

以下の bundled gems のバージョンがアップデートされました。

  • minitest 5.20.0
  • rake 13.1.0
  • test-unit 3.6.1
  • rexml 3.2.6
  • rss 0.3.0
  • net-imap 0.4.4
  • net-smtp 0.4.0
  • rbs 3.2.2
  • typeprof 0.21.8
  • debug 1.8.0

default gems と bundled gems の詳細については Logger の GitHub Releases のような GitHub releases または changelog ファイルを参照してください。

その他詳細については、NEWS ファイルまたはコミットログを参照してください。

なお、こうした変更により、Ruby 3.2.0 以降では 5414 個のファイルに変更が加えられ、306141 行の追加と 183575 行の削除が行われました !

ダウンロード

  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/3.3/ruby-3.3.0-rc1.tar.gz

    SIZE: 21783575
    SHA1: c75a860e06f27b7f69b874757417277c21d1d3f4
    SHA256: c4ff82395a90ef76c7f906b7687026e0ab96b094dcf3a532d9ab97784a073222
    SHA512: 265fb2ffe55af47d8349edffcebe749cc170291227cef55529fe4e67363e4e84b88daa34ffb5364a99c8a0e32110266a34c9a11d62f3bd6f6d47fa76eca641f4
    
  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/3.3/ruby-3.3.0-rc1.tar.xz

    SIZE: 16163884
    SHA1: 26503f9bdc7d0a05aaa9836f54d3aa9e74a9ead9
    SHA256: 051815637f1fa75a1edf2c54b66d5d5b69563daad777da8dc39543b7754b5290
    SHA512: 82f4acfaad1dc47db27ee3eb952481a95b3474a98059e9e9f5ceb035b690d1faabe99f2ec52371c4089ed1615eb10c395f029088418fec4d26399b65b4f259b9
    
  • https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/3.3/ruby-3.3.0-rc1.zip

    SIZE: 26735443
    SHA1: 35583453a7734216b08829ef0ec9ea1bc0d4ae7f
    SHA256: 56dd82e1dd714f2889ca975ae7befbe005675de08839c2cc4a484de2ae65201c
    SHA512: 7fbe414c230aedc9f364512bcbc213038f8f6e4268929a559d2527e2f3e32a140b394e37098ab7e59161236eca8b89cc9e52d73a3be8d7bd44faa91681483f5d
    

Ruby とは

Rubyはまつもとゆきひろ (Matz) によって1993年に開発が始められ、今もオープンソースソフトウェアとして開発が続けられています。Rubyは様々なプラットフォームで動き、世界中で、特にWebアプリケーション開発のために使われています。